Accounting Porter
お客様の事業に 、
・賛同し
・親身なサポートを遂行し
・発展に寄与し続けます

ニュース

2012 06

経理コンサルティングメニュー

2012 08

経理記帳代行

サポート実録記 “タイの経理現場より”
May 9th 2015

ウイサー社編(1)「会計会社でVISA取得!?」

(序章) 最後は何とかなった。というか何とかしたといったほうが近い表現だろう。達成感ではなく安堵感。クライアントからすればできて当たり前に思われるのだが難易度が年々上がっていく業務、それがVISA/WP(ビザ・ワークパーミット)の申請代行業務である。この業務を引き受けてから無事取得に至った時の気持ちは最近こんな調子が多い。 時に自分がビザ専門業者になったような錯覚ですら起こすのだが、それもこれも会計サービス業としては本業ではないものの当...

サポート実録記 “タイの経理現場より”
May 8th 2015

ダラート社編(3)「充足感か疲労感か」

(前回迄のあらすじ) ~タイ側株主との面談の立ち会いに通訳とセットで依頼されたスポット案件。それぞれに言い分があるもののなかなか話が折り合わない中、当事者の2者のみならず同行の通訳スタッフからも自分宛に救いを求める視線が注がれるのだった・・・~ そんな重苦しい目線が飛び交う雰囲気もさすがに1時間位経つと少しはお互い話をする歩み寄りが出てきた。 ジャイディーさん側は3人同席していたが、その時いた彼の右腕のような一人の男がおもむろにホワイ...

サポート実録記 “タイの経理現場より”
May 7th 2015

ダラート社編(2)「長すぎたコミュニケーションレス」

(前回迄のあらすじ) ~タイ側株主との面談の立ち会いに通訳とセットで依頼されたスポット案件。日本側株主の主張に全く聞く耳を持たずいきなり修羅場のような雰囲気の中、こちらの立ち位置としてもどこまでのサポートができるのかと考えあぐねがらも話は続き・・・~ 銀戸専務の視線を強く感じつつも、こんな状況である。 当事者ではない立場としては、話が進行するくらいには間を取り持ちながら当事者間の話の流れを断ち切らないようにフォローするくらいは最低限求...

サポート実録記 “タイの経理現場より”
May 6th 2015

ダラート社編(1)「コンサルタントはつらいよ!?」

「今はそんな話しはしたくない。まずは株式譲渡の道筋がきちんと見えてからだ!」 タイ人株主のジャイディーさんは、銀戸専務の開口一番に切り出した契約書の話しを遮り、いきなり対決姿勢からその面談は始まった。 「これはしんどい現場を受けてしまったかもしれないな...。」 今回は以前から知己を得ていた日本側のコンサルタント本木さんからの依頼だ。 彼のクライアント先で既にタイに進出している会社の件で、タイ側株主との面談に通訳同席の上、どのような状...

サポート実録記 “タイの経理現場より”
May 5th 2015

スアパア社編(後編)「暗中模索」

(前回迄のあらすじ) ~決算監査対応時期の真っ只中でのキーパーソンとなっていた経理スタッフの退職の申し出。同時に税務署からもいわれのない指摘を受け、まさに窮地のこの状況下で当社に依頼された内容とは・・・~ 伊藤社長は続けて言う。 「急遽人材を送り込んでもらうなどして、年明けから未着手の月次財務諸表を締めてもらい、4月中には本社に報告をしてもらいたいのですが・・・。」 「今、もう3月ですよね!?」 人材を送り込むには効率も悪く、リソース...

サポート実録記 “タイの経理現場より”
May 4th 2015

スアパア社編(1)「ご無沙汰しております」

「いや~、ご無沙汰しております。」 携帯の電話口から届くその声は確かに半年くらいぶりである。 「こちらこそご無沙汰しております。今はタイでしょうか?」 伊藤社長は挨拶もそこそこに切り出した。 「以前頼んでいた会計事務所を辞めてうちに入社した日本語が話せるタイ人スタッフがいたでしょう。」 確か、最後に会った半年位前の時に、それまで丸々委託していた会計事務所に依頼することを辞めて、日本語が話せる経理スタッフで内製化すると話していたことを思...